June2005  Vancouer&Victoria Canada

イギリスのAshford駅からユーロスターでドーバー海峡の海底を走り、2時間弱でベルギーへ。早〜い!

 
 BRUXELLES(ブリュッセル)
に着いて地下鉄で、ユースホステルへ向かう。
 ちょうど夕方の帰宅ラッシュで満員!スーツケースにリュック背負って乗ってた
 ら、お姉さんがフランス語でこっち向かってリュックを指差し激しい口調でなんか
 言ってる・・・。『そんな大荷物持って乗るんじゃないわよっ』とか怒られてるのか
 と思ったら、なんとスリが私のリュックを狙っているのを追っ払らってくれてた!
 (駅ですーっと降りてった男が ・・・)お礼を言おうと思ってお姉さんを追いかけた
 けど見失ってしまった。 Merci!!


15〜17世紀のギルドハウスに四方を囲まれた旧市街の広場
『Grand Place』

  一つは市庁舎になっており、
  内部見学もできます。

  花市が開かれていたり、
  夜には全ての建物がライトアップ
  され圧巻です!
  (夏場だと「音と光のショー」と
        いうのもあるらしい。)

ベルギーと言えば 『Waffle』!(フランス語では『Gaufre』)
町中いい匂い〜♪何個食べたことやら。

  
そして、ベルギーチョコ!
チョコレート専門店がいたる所に。
誘惑の多い街だわ〜。

ふわっふわの『ブリュッセルワッフル』ナ
イフとフォークでお上品にいただきます。
 食べ歩きには、日本でもおなじみの
 固めサクサクな『リエージュワッフル』
 私はこっちのほうがお気に入り♪

グラン・サブロン広場
のアンティーク市
銀製品などのお宝系が多かったかな。



   毎週日曜日、郊外の大型スーパー
   「カルフール」の駐車場で開かれる
   Antique Marketにはもう少し
   カジュアルなアンティークも。
ブリュッセルから急行列車で1時間15分
BRUGGE(ブルージュ)へ。
土曜日のせいか町はすごい人だった。

   運河が流れていて、中世の景観を
   残した静かな町。

町の中心にある鐘楼からの眺め。
マルクト広場
ブリュッセルとは全く違った雰囲気。
メイン言語もフランス語ではなく
フラマン語というオランダ語の一種。
もうこうなるとさっぱり分かりませーん。




   かわいいお家や路地ばかり♪
 

   ANTWERPEN(アントワープ)
 ブリュッセルから2階建て列車で40分
 『フランダースの犬』にもでてくる町





   ルーベンスの宗教画で有名な
      『ノートルダム大寺院』
駅からのメインストリートに建つ誰か。
忘れた・・( ^ ^ ;
アントワープはなんだかドイツちっく
な雰囲気でした。
 
Sep 2005  England

Copyright(C)2006 Balmy Cottage, All Rights Reserved